2008年02月08日

志方あきこ『廃墟と楽園』

 以前は特徴的な歌い方が気になり聴いていなかったんだけど、『アルトネリコ』や『RAKA』を経て気にならなくなったようなので。この頃は高音域メインで、声自体もわりと細い感じだったのが気になった理由なのかな。

 内容的には『RAKA』の原型というのか、十八番の多重コーラス+民族。唯一、track5がわりと牧歌的でちょっと意外かな。

廃墟と楽園 (アーティスト公式、試聴あり)
posted by 築城 at 23:04| ファンタジー

2007年11月22日

kukui『箱庭ノート』

 セカンドアルバムだけど、オリジナルと呼べるものとしては初? アニメ・ゲームへの提供曲と新曲がほぼ半々という構成。

 track1に代表されるように、全体的に明るく柔らかい印象の曲が多い。色ならパステルトーン、季節なら春。前作よりヴォーカルの声質がよく生かされていると思う。これでもかと詰め込まれたコーラスにストリングアレンジもますます美しく、ハープまで入ったりして。かと思うとチープなピコピコ音もあり、それらがごく自然に同居している不思議なファンタジー系ポップス。

 個人的一押しは、ベタだけどやっぱりtrack4かな。出だしのギターと、ぎりぎり不協和音でないところを行くサビのコーラスが無条件に好き。

箱庭ノート (レーベルのアルバム紹介ページ)
kukui official site.... (アーティスト公式)
posted by 築城 at 14:50| ファンタジー

2006年10月26日

志方あきこ『RAKA』

 エスノで多重コーラスというツボど真ん中な世界なんだけど、特徴的な歌い方が好みではなく、今までアルバム購入に踏み切れなかった人。でも今作を試聴したら、コーラス多めでその特徴が気にならないので買ってみた。

 これでもかと重ねられた音、凝らされた技巧。徹底的に作りこまれた荘厳な世界。この(いい意味で)つくりもの感は木屋響子に似ている気がする。閑話休題。完成度高く、どっぷり浸れます。

… Akiko Shikata 【 RAKA 】 … (アーティスト公式内特設サイト)
posted by 築城 at 23:38| ファンタジー